俺の料理を食べてほしい

これは俺の晩餐だ。

そうめんパーティの準備のために錦糸卵の調理にチャレンジする

今日は僕の家でそうめんパーティをやる予定だ。
しかし、僕はそうめんというものを作ったことがない。

なので、まずはそうめんのレシピを調査しなければならない。

まず、そうめんというのは、「素麺」という字で書き、小麦粉と食塩と水をよく混ぜて練り込むことでできあがるようだ。
麺の太さが直径1.3mm未満のものを素麺という。これより太い直径1.3mm以上1.7mm未満はひやむぎ(冷麦)、1.7mm以上はうどん(饂飩)と分類されるらしい。

今日、初めてわかったのだが、素麺とはうどんの仲間だったのである。
なるほど、うどんとわかれば、やることは簡単だ。

素麺の調理法。それは、茹でることだ。
ゆで時間は1分30秒~2分。

沸騰したお湯の中に素麺をぶち込み、茹で上がった麺を素早くザルに移す。
清水を流しながらもみ洗いすればさらに美味しくなるらしい。

http://www.ibonoito.or.jp/recipe/boil.html


素麺のつゆには創味のつゆを使うのがいいらしい。
甘いのが好きならばフンドーキン麺つゆというのを使えばいいみたい。


さて、次に、素麺に入れたいのが錦糸玉子。

玉子焼きが細くなったやつだ。
こいつをどうやって作ればいいのかを調べなければならない。


http://www.sirogohan.com/recipe/kinsi/


◆材料
卵 … 3個
砂糖 … 大さじ1
酒 … 小さじ2
塩 … 小さじ1/5ほど(約1g)
サラダ油 … 適量


  1. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱する
  2. 表面が固まったら火から外して蓋をする
  3. すぐに濡れ布巾に当てて1分待ち、余計な熱を逃がす
  4. 1分後に蓋を取って表面に火が通っていればOK
  5. 幅を揃えて細切りにする


ここまでがレシピのようだけど、たぶん俺に「濡れ布巾で冷やす」作業は難しいので、そこは飛ばすことにする。

時間がきたので、続きはまた今度。