俺の料理を食べてほしい

これは俺の晩餐だ。

素人が生姜焼きを美味しそうに作るコツは、カット野菜を使うこと


思えば長い旅だった。
僕は料理アカウントとしてスタートし、試行錯誤を繰り返し、都度作品を発表してきた。

その作品は未来の可能性を評価できない愚かな独身女子アカウントによってたびたびディスられ、そんな批判を受けるたびに僕は密かに反骨心を燃やしてきた。


これが僕が半月前に作った生姜焼きだ。
たしかに、今でこそ認めるけど、見た目は微妙だった。

味はまぁまぁだったが、美しくない。

しかし...。

半月後、再びキッチンに立った僕は別人になっていた。
男子、3日会わざれば刮目して見よとはまさにこのことである。

これは普通にうまい!
生姜焼きは実にコスパの良い料理だ。
店で食うと800円くらい取られるが、家だと一食300円~400円くらいで作れる。

弁当にするにも簡単で、10分で調理できてしまうため、非常におすすめだ。
全ての料理デビューを目指す男の人にすすめたい。

さて、生姜焼きのメニューに移ろう。


f:id:hideyoshi1537:20160828164020j:plain


まずは、料理酒と生しょうがと肉を混ぜる。
この時の分量は、料理酒大さじ一杯と、しょうが4cmだというが、面倒くさいから適当でいい。

次に、醤油と砂糖を混ぜる。
醤油は大さじ一杯と砂糖は大さじ1/2が分量だが、面倒くさいから適当でいい。

f:id:hideyoshi1537:20160828164049j:plain

味はなんとなく、舐めながら調整するのが男の料理の基本だ。

そして、肉を焼く。
サラダ油を引いて焼くのがポイントだ。

肉は色が白くなったら裏返し。

こんがり焼く。
豚肉はちゃんと焼かないと食中毒になるので注意が必要だ。

f:id:hideyoshi1537:20160828164058j:plain

僕は一度、食中毒を食らって死にそうになった。
肉はちゃんと焼くこと。

そしていい感じに焼けてきたら、つまりちょっと焦げるくらいに焼けたら、さっき混ぜた醤油と砂糖のやつを投入して、肉に絡める。
すると、肉に美味しい味がつく。


ちなみに、なぜ料理をするときに鍋に油をひいて焼くのか理由がわからないから、調べてみた。
Yahoo知恵袋という情弱が使うサイトには、

・油をひいて焼くことで、「高温で揚げる」ことができる
・風味をつけることができる

というようなことが書いてあった。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411229644

基本的にYahoo知恵袋は投稿する人がアホで全く信用出来ないので、自分で検証・調査してみるしかない。
ちなみに、検索結果にYahoo知恵袋とか教えてGooが出てくるのは、知識が不足している証拠だ。
ある物事についてレベルが上がってくると、Yahoo知恵袋に出てくるような内容は検索しない。

僕のレベルはまだまだその程度ということ。精進するしかない。


さて、肉を焼いて、砂糖醤油を絡めた。
最後に使うのが、カット野菜である。

野菜をカットするのは時間がかかるが、元々カットされている野菜を使えば一瞬だ。
しかも価格は100円で、モリモリ野菜が食える。
これは本当に素晴らしいと思う。

デイビッドリカードが説いた分業の概念を見事に体現した仕組みだ。

焼き上がった肉を皿に盛り、野菜を入れる。

そうして出来上がったのがこれだ。

f:id:hideyoshi1537:20160828164108j:plain

普通に美味しそうではないか?


今回は「一人分の料理の基本」という本を読みながら作った。
これは説明がかなり不足しているが、フライパン一個で簡単に作れるレシピがまとまっている良書である。
不足している説明は検索で補えばいい。

せっかくなので、一通り自分で作って実験し、皆様に素晴らしい料理の作り方を伝えたい。


1人分の料理の基本 (レタスクラブムック)

1人分の料理の基本 (レタスクラブムック)

  • 作者: 著訳編者表示なし
  • 出版社/メーカー: 角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る